組合概要

無公害・住工分離のクリーンな工業団地
おかげさまで、峡の原工業団地協同組合は、令和3年に設立50周年を迎えました。

工場の生産活動にとって大きな問題である公害。当峡の原工業団地は住工分離、共同施設・設備によって公害を心配することなく製品を送り出せる企業集団です。また、組合員企業が多種多様な異業種集団であり、相模原という地の利とともに、お取引先にとっては発注地域の集中化による諸経費の節減、混乱の回避などのメリットがあります。連帯と協調を理念とし、今後ますます繁栄する峡の原工業団地にご期待ください。

当組合では、駐車場事業・労働福祉事業(集団検診、日帰り旅行等)・共同施設設備の利用事業・教育及び情報提供事業(研修旅行等)・福利厚生事業(労働保険事務組合事業)・廃品回収処理事業・印紙、切手販売事業など、様々な事業を行っております。

名称 峡の原工業団地協同組合(はけのはらこうぎょうだんちきょうどうくみあい)
所在地 神奈川県相模原市緑区橋本台3-4-20(〒252-0132)
お問合せ先 TEL: 042-773-2449 FAX: 042-773-2498
設立年月日 1971年(昭和46年)2月18日
出資金 695万円
組合員数 21社
賛助会員 1社(2022年4月現在)
団地総面積 56,626.04㎡
組合員用地面積 47,502.66㎡
組合用地面積 1,854.43㎡
道路用地面積 7,268.95㎡
設立意図 相模原市が市内の居住地域で公害を発生している、もしくは将来発生する恐れのある中小企業を集団化することによって工場公害の解決を図ると同時に、住工混在を解消し、合わせて中小企業の近代化促進のため工業団地建設のアピールを行い、呼応して峡の原工業団地協同組合が設立された。
構成と特色 公害中小企業の集団可、組織化という意図のため、騒音、水質、振動といったほとんどの公害に対する対処がなされている工業団地であり、生産構造のちがう異業種の集団化及び集約化という特色もある。
役員構成 理事長1名 副理事長1名 理事5名 監事2名 計9名
加盟団体 相模原商工会議所(1号議員)
神奈川県労務安全衛生協会相模原支部
相模原の環境をよくする会
神奈川県中小企業団体中央会
全国労働保険事務組合連合会神奈川支部
相模原地区団地組合連絡協議会
相模原法人会橋本支部
横浜西口中金会
相模原北暴力団排除対策推進協議会
神奈川県社会保険協会
※令和4(2022)年4月現在